[小学校]学習支援ありの放課後等デイサービスを見学!3つの魅力とは。

放課後等デイサービスの見学後にホッと一息…!

「最近沢山できている、放課後等デイサービスってどんな感じ?」

「読み書き障害の子どもにも有効なの?」

最近、放課後等デイサービスが雨後の筍のように乱立していますね。

発達に課題がある子向けの塾を見学して、今度は放課後等デイサービスが近所に開設されたので見に行ってみることにしました。

近所の個人塾にも行ってきましたよ。

>>[小学校]発達が気になる、読み書き障害専門の学習塾で話を伺いました。

私がお邪魔した放課後等デイサービスはこちら

>>児童発達支援室tomorrow

こちらは、未就学児の発達支援と、小学生以上のお子さんのための学童やグループによるSST、個別指導などが受けられるそうです。

うちの子の場合は、個別指導になります。1回45分。

受給者証がもらえないとサービスを受けることはできません。

ただ、受給者証が頂けると1割負担で一回1000円、納税額によりますが上限は何回受けても4600円または37200円なのだそうです。

我が家の所得税額だとどちらになるんだろうか…。

うちの子は支援級にも通っていないので、その辺り大丈夫なのかな?

と思っていましたが、

「療育センターで心理発達検査を受けているのであればスムーズに書類作成をしてくれると思いますよ」

とのこと。

放課後等デイサービスが魅力的な点は?

放課後等デイサービスの方にお話を伺って、いいなと思った点についてご紹介します。

料金の負担が少なくて済む!

子どもがこのような発達の困難を抱えていると、保護者の時間とお金の負担感が半端ないです。

そのあたり、1割負担というのはとても助かります!!

また、うちの子が通うとなると電車とバスは必須、交通費もかかるので更に助かる。

利用者さんの中には、今までお子さんの学習支援のために週4回、毎月10万円以上のお金をかけていた方もいらっしゃったとか。

しかも、専門知識のない、質の担保が難しい学生の多い塾だと力もつきにくいかもしれません。

様々な角度からの支援が受けられる

こちらの施設は珍しく、作業療法士もいらっしゃるので、粗大運動についてアドバイスを受けることもできます。

学習だけでなく様々な角度から子どもを見てみることで困り感が減るかもしれませんね。

計画の見直しが3ヶ月ごとに入るので、細やかかも。

定期的に保護者との面談もあるそうです。

学校との連携、指導もある

お子さんが通っている学校へ巡回し、デイサービスでの見立てと、学校でこんな風に指導して欲しいとアドバイスもして下さるそうです。

「むしろ、先生の方が発達に凸凹のあるお子さんに指導に困っている」

そうなんですよね〜。

大学でも特別支援の知識を十分学んでいる訳でもなく、学校に適応して学校が好きな先生がほとんど!

困り感のある子どもに寄り添える先生はそんなに多くないと思います。

また、知識を得たからといって指導ができるかといったらそんなこともありません。

知識だけで指導力があるなら、私が欲しいくらいです。

心配な面は以下。

放課後等デイサービス自体が、まだできて日が浅い

法律改正によりできた施設なので、まだ2年目。

先日の記事にあった個人指導塾は、もう何十年も続けていらっしゃるベテランです。

療育センターの方も、

「放課後等デイサービス自体が実績がないので、まだ、海のものとも山のものとも言えない」

そりゃそうだ。

お子さんの自立のために、就労まで寄り添うとのことですが…。

こちらのデイサービスはそれでもかなりしっかりしている施設で、東京や遠くは相模原、伊勢原などからもお子さんが通ってくるそうです。

なかなかここまでの規模のデイサービスは少ないらしい。

療育センターのケースワーカーさんからも、

「デイサービスはものすごい勢いで増えているので、放って置かれっぱなしということもなくはないようです。質が保たれているかどうか必ず見学してくださいね」

とのこと。

デイサービスの方からは、

「ぜひ、お子さんにもお会いしてみたいので見学にいらしてくださいね!」

と積極的に声をかけられました。

実際にお邪魔した際の記事はこちらです。

>>[支援]知っていますか?発達支援のための居場所、放課後等デイサービス

まとめ

子どもの困り感が出てから…と思いましたが、このデイサービスは人気がどんどん出てきそうでそのうち枠が埋まってしまいそうに感じました。

今も、17時からの枠しか空いていないそうです。

そんな訳で、悩ましい事態になってます。

しかし、保護者のみなさん、どこでそんなに情報を仕入れてくるのでしょうか??

子育ては情報戦、またはレベル上げていく感がRPGっぽい気がします。

こんなに親が動かなくても、学校でもう少しなんとかしてくれい。

親がどんどん動かないと、情報は1ミリ、いや1ミクロンも入ってこないからね。

特に普段療育を受けてなくて、支援級にも通ってないと情報ゼロ!

しかも…次男も困り感があるのでこの夏にWISCⅣの発達検査をしたところ、思いも寄らないくらいの数値を出してくれたのでこちらもめっちゃ気が重いです。

また、悩みが増えました。普通の子育てさせてくれないかな。。。

追記:

こちらのデイサービスは長男、次男ともに一度体験授業を受け、空きがでたら入所を希望していました。

残念ながらその後一切連絡がなく、3年が経ち長男は中学生、次男もあと数ヶ月で小学校生活が終わりになってしまいます。

発達障害ポータルサイトのリタリコの口コミを見ると、どんどん小さいお子さんから療育的な入所はされているようです。

小学生向けの枠がなかなか空かなかったのでしょうか。

もっとこまめに空きがないか何度も問い合わせることが大事なのかもしれませんね。

結局、うちの子どもたちは放課後に民間学童で宿題や音読を見てもらい、高学年まで通い続けました。

ではまた♪

コメントを残す