[中学校]ディスレクシア専門の英語塾「もじこ塾」の保護者相談が参考になりすぎる

もじこ塾保護者相談

「ディスレクシアで英語が苦手な子の学習はどうしたらいいの?」

「読み書きが苦手な子どもの特性に合わせた学習や合理的配慮について相談したい」

いやー、中学生から我々が恐れていた英語学習が始まってしまいますね。

「日本語の読み書きも十分にできないのに、英語なんてなおさら学習が厳しくなるのでは…?」

親の方が不安で仕方ありません。

本日、たまたま午前に仕事のお休みが取れたので「もじこ塾」の学習相談に行ってきました!

「もじこ塾ってなに?」

って思いますよね!

もじこ塾は、朝日新聞でも紹介されているディスレクシア専門の英語塾です。

>>凸凹の輝く教育|ディスレクシア専門の英語塾「もじこ塾」(朝日新聞の記事)

>>もじこ塾からのお知らせ

私も2018年の夏までもじこ塾のことを知らず、Facebookで子どもの学校見学についてつぶやいていたところ友人が教えてくれました。

Facebookなどリア充アピールが激しいと思われがちなSNSも、自分の悩んでいる事を発信することで情報が得られることもあるのでオススメします。

もじこ塾の成田先生は新宿や国立でディスレクシア専門の英語塾を主宰されており、残念ながら現在の新宿教室の定員は満員。

保護者向けの相談を週に1度、水曜日の午前中にされているとの事で3ヶ月前に予約しました。

もじこ塾では、学習相談を行っています。
これまで、保護者の方、さらにはプロ家庭教師や英語講師の方にもお越しいただいています。
お子さんの特性を細かく伺いながら、ディスレクシア英語学習、大学受験事情、合理的配慮などに関する最新知識をもとに、具体的なアドバイスをさせて頂きます。

対象
ディスレクシアのお子さんをお持ちの、保護者の方
ディスレクシア(と思われる)生徒に教える、講師の方
・お子さん/生徒の年齢は問いません。

内容
・ディスレクシアという特性を,どのように捉え,生かしたらよいか
・今後、どのように英語学習を進めていけばよいか
・ディスレクシア英語指導の方法
・学校との連携方法
・首都圏の検査機関や病院に関する情報
・進路相談
・塾情報
・特性にあった英語の学習方法
・大学受験・高校受験における合理的配慮に関する最新情報
etc.

曜日
水曜10時半,1.5時間~2時間程度

料金
8,100円(7,500円+税)

ご興味のある方は、メールでお気軽にお問い合わせください。
mojiko222アットgmail.com

もじこ塾|学習相談につきまして より

11月中旬に年休を取り、もじこ塾に伺ってきました。

ディスレクシア専門の英語塾「もじこ塾」新宿教室での保護者面談にお邪魔しました!

電車を降りて、新宿南口に出ます。

新宿

南口からビルの谷間をくぐり抜け、代々木方面に向かいます。

新宿

新宿駅南口から徒歩8分程度、私の住まいである川崎から比較的近所だったので超助かった…。

もじこ塾主催の成田先生は、とても相談しやすく、親しみやすい雰囲気をお持ちでした!

成田先生は私の勤務先にもイベントでいらしたことがあるそうで、初対面の緊張もすぐに解けました。

勉強が苦手なお子さんは現在高校でどのような進路状況になっているのかを私の方からも紹介することが出来、とても有意義な時間となりました。

成田先生のお子さんもディスレクシアであることから、同じようなお子さんへの指導の道を選ばれているそう。

最先端の情報を得るために、アメリカまで行かれることもあるのだとか。

それぞれ、タイプの異なる学習への困難を持つ長男と次男について、WISCの結果など見ながらアドバイスを頂きました。

ディスレクシア指導その1 ワーキングメモリが弱く、書くのに時間がかかる兄へのアドバイス

すでに中2で、英語が超超苦手、まだ3つのアルファベット(cat,dog)の綴りも書けない長男へのアドバイスをいただきました。

息子の英語のノート、定期テストの問題と解答用紙を持っていき見ていただきました。

1.英語のテストが終わりに近づくにつれて空欄が増えているので、時間が足りない可能性あり。

合理的配慮で、テストの時間を1.3倍にしてもらうと良いかも。

2.解答を見ていると、音韻認識が弱く「at」など聞き取れていない可能性あり。

聞けない音は書けないので、聴けるようになれば書けるかもしれない。

骨伝導のマイクを使うと、自分の声を聴きながら喋れるので音韻認識の問題と滑舌の悪さが改善する可能性が高い。

思わずamazonで買えますか?!と聞いてしまった…。買えません!

こちらは、購入とご指導頂けるセンターを教えてもらったので後日行ってきます!

もじこ塾保護者相談

3.音韻認識については、英語であればお菓子を例にして分解して音を学ぶ手がある。

英語が難しければ日本語でも取り組んだらどうか?

たとえば、frogという単語を音で分ける作業。

もじこ塾保護者相談

「frog」と同じ音が入っている「dog」をお菓子のグミの色で表しています。

小さい子は、英単語の綴りを教えなくても同じ音かどうか分かるのだそうです。

でも、ディスレクシアのお子さんは理解できないことも多いらしい。

そのあたりから苦労があるのだな…。

大人の場合、単語が頭に入っていて字を思い浮かべて分けてしまうそう。

私は、あろうことかローマ字読みをしてしまい

frog

と読むところを

furoggu

と発音してしまいました…(汗)!

もう、大人の私の頭には英語の発音ができないようになってしまっているのでしょうか??

今更英語学習してもムダなのか?悲しいですね…。

ディスレクシア指導その2 処理速度が遅い、読み書きに困難のある弟へのアドバイス

耳からの情報は処理できている。文字を使わない生活なら特に問題なく生活できるタイプ。

しかし、世の中は読み書き必須…辛い世の中です。

中学に入ったら、読みも書きも出来ず困難を抱える可能性が高いとのことです。

確かに、英語だけではなく社会科の教科書の漢字の多いこと!!

漢字の熟語が読めないのであれば、テストの問題文もロクに理解できないということになってしまいます。

読み書きに困難がある生徒への合理的配慮なら、テストの時間を長くできる。

他には、DAISYなど読み上げ教科書の利用、板書をタブレットで撮影、キーボードでの文字入力などがあげられる。

ただし、全く文字を書かないと簡単な書類記入も難しくなるのである程度ペンで字を書く訓練は必要。

その他、ディスレクシアに関する情報を教えていただきました

LDの生徒さんに日々教えているが、いま大学進学はとてもラクなので1番大変なのは中学まで!

高校に入ったら優先順位を下げて、頑張らないことも必要。

やはりLDではTOEIC500点とかムリなので。

成育医療センターの診断書はほぼ通るので診察は継続していくと良い。

その場合は「試験時間を長く」など、合理的配慮を具体的に書いてもらうこと。

最近、川崎のクリニックかとうが閉院したことで困っている家庭が続出!

成育医療センターに新たにかかるのも超有名アーティストのコンサート並みに大変らしい。

まとめ

以上、もじこ塾での保護者学習相談についてご紹介しました。

特定の曜日に年休を取るのはなかなか骨の折れることでしたが、学習相談して良かったかと聞かれると…

兄弟ともに具体的な英語学習のアドバイスがいただけてとても良かったです!

  • 中学でどのような支援を受けるのが良いのか
  • 医療機関との連携の方法
  • もじこ塾ですすめている英語学習の方法

を知りたいと思う方に特にオススメします。

私の勤務先もLDと思しき生徒がかなりの割合を占めています。

ケーススタディには欠かせないので、お互いの情報交換みたいな相談になりました。

LDのお子さんの学習支援をしてくれる場はとても少なくてもじこ塾も満員御礼状態。

この冬は、中2の長男を連れて冬期講習会にお邪魔する予定です。

2日間だけではありますが、少しでも息子の英語への拒否感が薄れてくれたら良いなと思っています。

ではまた☆

コメントを残す